裁判傍聴ブログ

旭川地裁を中心に裁判傍聴記を書いています

ドリルを盗むな:農機具会社侵入窃盗事件

ふらりと簡裁の法廷を見回ったら、建物侵入窃盗というものがあったので傍聴しました。

é»åããªã«ã®ã¤ã©ã¹ã

被告は身柄拘束されている30代の男性。イケメンでしたがしゃべりは全くダメでした。高校中退して生活保護で彼女と同居して暮らしています。月3万のこづかいを彼女からもらい、光熱費はそこから払っているとのこと。

 

パチンコ店で働く彼女はクレカの支払いの追われていて、生活に余裕はまったくありません。ですが被告は「犯罪による収益移転の防止」という犯罪を犯してしまいます。

 

それは通帳をだれかに売る行為のことで、オレオレ詐欺の口座になるのです。被告は有罪になり30万の罰金を支払わなければいけませんでした。

そこで彼女にお金を借ります。すぐに罰金を返せばよかったのですが、ここで被告は検察に電話「罰金って延長できます?」「はい」ということで、9月までに払えばいいとの情報をゲット。30万は遊びに使いました。

被告はお金にだらしのない人間のようです。前の彼女にも借金があり、消費者金融にも借金があります。そこで解体業者で働き始めるのですが、その前にやったのがこの犯罪でした。

 

建築中の農機具会社の工場に忍び込み、インパクトドライバーなど数点を盗みます。1点は友人に1万で売れました。それ以外はリサイクルショップで9000円になりました。

 

・・・コスパ・・・

 

農機具会社はすぐに盗まれたことに気づいて警察に通報「許せない、懲役刑を望む」ということです。

 

私も傍聴していて「この人は社会生活むりなのかもな」と思いました。ぼーっととろけるようなしゃべり方、意味を理解するのに時間のかかる理解力、30万の罰金は労役で払っているらしいです。

それが終わったら現在の解体業者でやとってくれるとのこと。でもどうかな、労役のほうが被告にフィットしている気がします。

 

ドリルを盗むな

前にも同じような事件がありました。

 

hatinoyado8.hatenablog.co

 

 

hatinoyado8.hatenablog.com

 

金に困った人間は、誰かのものを盗みます。そしてリサイクルショップに転売するのですが、その転売目的で狙われやすいのが電動ドリル。さぞ高価な品に見えるのでしょうが、徒労です。

犯罪であることをさしおいても、手間を考えれば普通に働いたほうが早く現金を得ることができるでしょう。転売には経験と知識、つまり目利きが必要なんです。