裁判傍聴ブログ

旭川地裁を中心に裁判傍聴記を書いています

納豆ストーカー事件:判決ー納豆は汚物である

 以前傍聴した、ストーカー事件の判決でした。

hatinoyado8.hatenablog.com

40歳のストーカー男が、25歳の女性につきまとい、車のボンネットに納豆を投げつけた事件です。

「あれ?無罪判決出てなかったっけ?」と思ったら、控訴棄却されて、差し戻しになったということです。

控訴したのはおそらく被告です。無罪になった被告が控訴するわけないとおもいますが、あれは「納豆を車になすりつけること」に対して無罪だったのであり、今回の裁判は全体的なストーキングに対してのものです。

法廷に入ると、若い女性がいました。ひょっとして被害者でしょうか?それと若い男性、ラフなカッコウをしています。数名のスーツ姿の男性と、我々傍聴マニア2名という傍聴席でした。

被告はストーカーなんてしなくても女性にこまらなそうな人です。40歳というのに体格はスリムで、髪はふさふさ、受け答えもしっかりとしていました。

 

事件の概要

①平成30年1月6日から9日にかけて、車で被害者のあたりを見張る

②同月10日午前5時〜20日にかけて、鬼TEL鬼メール

③同年2月5日朝5時〜6時あたり、駅に駐車していた被害者のフロントガラス中央に納豆を投げつける

被告は1と2,そして3の納豆をなげつけたことを認めています。

では、何に対して控訴したのか?

 

納豆は汚物であるか?

ストーカー行為等の規制等に関する法律
(目的)
第一条 この法律は、ストーカー行為を処罰する等ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的とする。
(定義)
第二条 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
 
 

 

 

e-Gov法令検索よりつまり「納豆は投げつけたけど、汚物じゃないもん!」という主張なのです。

止まらない納豆の連鎖

では、どのような感情で25歳女性の所有する車のフロントガラスに納豆を投げつけたのでしょうか?
①おいしい納豆を食べてほしかった、フロントガラスにねばつかせておけば、食べると思った
②ナットウキナーゼの性質を利用して、撥水効果を高めてあげたかった
③ワイパーの滑りを良くしてあげたかった

そんなことを考えました。ですが、被告は以前、自分の車のフロントガラスに納豆を投げつけられた経験が有り、その時は「不快だった」ということです。 裁判官「だから、納豆はあなたにとって汚物である」 それからすぐに判決が出されますが、被告にとって有利な条件が生まれていました。

彼女が出来ました

 この事件が起きた後、被告はタクシー運転手の正社員になり、そして彼女が出来ています。それが8月の出来事。「ですので、もう被害者に恋愛感情はありません」と言っています。被害者には申し訳なく思っており、これからは父親としてしっかりしていきたい。医師からも、もうカウンセリングは必要ないといわれています。

 

あなたは希望だ!

交際している女性と同棲をする、40歳の元ストーカー。交際している女性が、傍聴席にいる、若くてかわいいあの人ならば、これはすごいことだと思いました。被告の魅力に気づいてあげられる、すてきな女性がいるのです。たとえ、元ストーカーでも、それはすばらしいことです。朝5時に納豆を投げつける男性でも、女性と交際して同棲することができるのです!

これは、ひょっとして無罪か?とおもいました。もう、被告がストーカーになることはないのです。ちゃんとした職をえて、ちゃんとした彼女がいるのです。スタンディングオベーションで「おめでとう!」と皆から祝福されるべきだと思いました。

裁判官「じゃあ、このまま判決しますね。主文、被告人を懲役6月、執行猶予3年に処す」

・・・まあ、しかたないよね!

後記

たとえ有罪判決が下りても、被告が幸せなら良いんじゃないでしょうか。納豆を投げつけられた女性に比べればマシです。

気になったのは「投げつける」ってどうゆうこと?と思いました。走行している車にパックごと投げるんでしょうか?でも、それでは、イイかんじでねばねばしないと思います。

「なでつける」だったらわかります。ちゃんとシェイクして、糸をたっぷり引いた状態にしたのなら、納豆の効果があると思います。汚物認定された納豆がちょっとかわいそうでした。